カンバセーションズ(^O^)

画像
先日、“カンバセーションズ” という作品を観に行って来ました(^o^♪
この作品の主演を務めるのは、“サンキュー・スモーキング” や “ブラック・ダリア” でお馴染みの “アーロン・エッカート” と、“ビッグ・フィッシュ” や “チャーリーとチョコレート工場” にも出演していた “ヘレナ・ボナム=カーター”(^O^)

“ヘレナ・ボナム=カーター” は、“ティム・バートンのコープス・ブライド” で “死の花嫁” の声も担当していて、今年の7月に日本でも公開される “ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団” にも出演しています(^O^)

僕的には、この映画はどぅしても! 劇場で観なくてはならなかった作品(^o^)
それは、“ヘレナ・ボナム=カーター” が出演している映画だからです(^-^)

今、“それだけかいっ!” って思ったでしょ???

でも! この話はあまり人にしたことはないのですが、実は僕は17年前に公開された “ハムレット” の頃から “ヘレナ・ボナム=カーター” の大ファン(^O^)
彼女の出演している作品は、必ず劇場に観に行って、DVDも買うようにしています(^^♪
これほどまでに “美しさ” と “可愛らしさ” と “演技力” を兼備えた女優さんはなかなかいないです!(^O^)!
僕の中では “ヘレナ・ボナム=カーター” は世界一!です(^o^)

でも、なぜ人にこの話をしないのか?
というと・・・ 話をしても “ヘレナ・ボナム=カーター? 誰?? どんな映画に出てた人??? えっ!? 分からん!!” ってみんなに言われるからです。。。(∋_∈)
自分が世界一の女優さんだと思っている人のことを、そんなふうに言われると腹が立ちますからね(`ヘ´)

じゃぁ、今日は作品のことより “ヘレナ・ボナム=カーター” のことを書き込みましょうか・・・ 彼女は僕より2つ年上です(って、いくつやねん!?)(^_^;)
ロンドン生まれで、ひいひいおじいちゃんは “元イギリス首相” の “ハーバート・ヘンリー・アスキス伯爵” です(^O^)
父は銀行の頭取で、母は精神科医という上流階級の家庭で育ちました(^o^)
1983年に、TVムービーでデビューした後、数々の作品に出演しており、中でも1997年の “鳩の翼” では “アカデミー賞・最優秀主演女優賞” と “ゴールデングローブ賞・ドラマ部門最優秀主演女優賞” にノミネートを受けました(^o^)
その後も数々の大きな賞にノミネートを受けたり、1995年の “死の愛撫” や、1999年の “ファイト・クラブ” では “ジニー賞・最優秀主演女優賞” や “エンパイア賞・最優秀英国女優賞” を受賞しています(*^_^*)
そして、この作品では “2005年・東京国際映画祭” で、みごと! “主演女優賞” を受賞しています(^O^)
現在は、“ティム・バートン監督” と結婚していて (ちっ!(`ε´)!)、2003年にはふたりの間に男の子が誕生しています(^-^)

これで “ヘレナ・ボナム=カーター” のことが少しは分かって頂けたでしょうか?(^o^)?

さて、それでは映画 “カンバセーションズ” の話に戻るとして、ストーリーはいたって簡単(^-^)
ウェディング・パーティーの会場に居合わせた2人、“彼(アーロン・エッカート)” と “彼女(ヘレナ・ボナム=カーター)” は、10年ぶりに再会した元カップル。
すでに “彼” には新しい若い彼女が、そして “彼女” には夫と子供がいます。
しかし、今日この場所で再会したのは “偶然” なのか? “必然” なのか?
“彼女” は10年前に “彼” との苦い別れを経験し、この街を離れ、すべてが想い出となったと思っていたのに・・・
止まっていた時計の針が、“彼” と “彼女” の中で再び動き出す。。。

初めはお互いクールな態度で “ぎこちない” 会話。
やがて心の中の探り合い。
そんな “彼” と “彼女” の、リアルな “カンバセーション” がやさしく響く都会の一夜の物語。。。

この作品は、ほぼ全シーン、全テークが2つのカメラで撮影されていて、全編が “デュアル・フレーム” で編集されて完成した作品(^-^)
そぅ! 劇中、スクリーンはずっと2分されていて、左か右のスクリーンに “常に!” 僕の大好きな “ヘレナ・ボナム=カーター” が映っています!(^O^)!
これはまさに、“ヘレナ・ボナム=カーター” の新たな代表作となること間違いなし! な作品でした(*^_^*)
あぁ、DVDの発売が待ち遠しい。。。(^-^)

でも、お金を出して (観賞券1800円・パンフレット600円) 劇場に観にいって、久しぶりに心の底から満足できる作品だったなぁ。 って僕は思いました(^o^)

みなさんもぜひ “カンバセーションズ”、劇場でご覧になってみて下さい(^o^♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック